2013年05月08日

CADPAC V15 - 30周年記念

GWは、どこにも… でした。 仕事モードの前半でした。
さて 5/9 CADPAC V15 リリース開始で、すでに30年と言うことでした。 あれから… と思うとゾォとするほどの月日が流れています。CADPACの歴史資料はこちらから
CADPAC_V15_01.jpg 届きました。今回も、上書きはせずにインストールします。 優れたCAD なのですが、なぜだろう? そう思い続けている一人です。 私たちの世代では、あえて 3D よりもドラフターの延長で利用出来るツールからは離れられそうにありません。 月日が流れる間 CADPAC の利用は? たしか、『DA W』 からだったように思う。 泣かれてみるとあっと言う間と感じる。 今、設計はまさに3次元の時代。 そうなのですが… まだまだ、つきあいは長くなりそうです。

広告:DWG互換CAD その実力は、? → Bricscad.jpで見る
posted by zaji at 18:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

CADPAC と Bricscad の操作性

スタートの4月
あっと言う間に、15日 Mon です。 CADPAC は、日本生まれのCAD。 言葉では、フムフムと思っています。 CADPACユーザーには、当たり前のこと。 確かに‥ そう思います。 ドラフターで育った年代が少なくなり、製図の手法も随分と様変わりしました。 CADの操作を意識すると、CADPAC では、マウスコマンド・ユーザーアイコン・カスタマイズ・テンキーコマンドとその使い方は、さまざまです。 時間の短縮と操作性から見ても CADPAC は、優れていると改めて思います。

日本語と外国語
CADPAC では、『 X 』 水平線コマンド
→ 『どこを通り』
→ 『どこから』
→ 『どこまで』 で書かれます。
【Bricscad】 の場合
『 L =Line 』 どこから(座標) どこまで‥(座標) マウスクリック位置
直交モード『0N』 支点をクリック 水平 → 幾つの長さで
明らかに、言葉の文法が異なっていることに気づきます。 3D の世界も 面を触ってから、どうしますか? が基本となっています。 私は、これをこうしてからこのようにしたい。 トリムに関しても内と外の指定が逆になっています。
V13-104.jpg
この違いは、戸惑いますが切ってから消す という方法だったり‥ つまんで要素の端を自由に変形出来たり‥ トリムは、境界線(ここまで)を先にどの線だったりと手順が逆転しています。 その利用方法に拘らず自分のやりやすい操作を選んだ方が早いのかもしれません。

広告:DWG互換CAD→ Bricscad.jp
posted by zaji at 16:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

■CADPAC正しい利用方法

先日、ある仕事でCADPACの仕事をしました。 もらった図枠データを見てびっくりです。
CADPACの場合、図枠は、1/1 で書くのが基本です。縮尺には依存しません。
cadpac_14.5-01.jpg A-CAD からの依存で利用していると思われる使い方なのかもしれません。 もしこれが数台で利用されているとすると膨大な時間のロスがあると推測することが出来ます。 ツールとしてのCAD とは異なり、設計ツールとしての利用の場合は、縮尺規定は、割り切れない数字は利用しないが原則です。(端数処理で誤差が生じます) A-CADでの利用者は、図枠に無理矢理入れる手法をとるので、ルート縮尺を利用したりします。これは、正しいのか?といつも思っています。どれが正しくて… とは思いませんが、ツールの利用としてどうなのでしょうか? 現在では、手書きででも書けてCADを利用している人は、かなり少ないと思います。 修正・変更ルールもあります。指示の仕方、etc…
図面が読めるのと書けるのは、全く意味合いが違うと思うのは、私だけではないと思うが…
広告:DWG互換CAD→ Bricscad.jp
posted by zaji at 08:55| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

■A-CADライクに、CADPACを変身

■CADPAC メモ
A-CADも、使っているという方にお薦めの設定を紹介します。
【補助】→ 【システム設定】 →【キー定義】
『 キー群名(k) 』 英大文字 のタブ を『マウスホイール』 に変更する。
『キー名』 Single-Click のまま
上部の機能名一覧のウィンドから下記を選択、
【表示】 → 【スクロール】 →【手のひらスクロール】
上記を選択 バーの色が帯状に色がつきます。
【追加】 → 【適用】 → 【完了】 を押します。
マウス設定を変更
ワンテンポ手間がかかりますが、結構気に入ってます。
ダブルクリックは、標準で、【基準表示】 の設定になっています。
お試し下さい。

マウス設定を変更
posted by zaji at 12:18| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

Bricscad.V13 好評です。

http://www.bricscad.jp/
『 V12 ゼロから始めるBricscad 』 という書籍が発売されましたが、あっと言う間にV13の登場となりました。日本語の環境は、少し遅れてリリースとなります。 V13 となってダイレクトモデリングが強化されアセンブリにも対応。 起動も改善。 昨年また、社長とお目にかかって元気をもらいました。 複数のパーツを同時に扱えるようになり3Dとしての役割も大きく移行しそうです。 軽い動作がどれくらいまでの部品数に耐えられるのかが架台です。 今のところImportの機能は付属しておりません。IGES 形式のImportも近々予定しているといいます。api.png益々高機能となって少々価格もアップしましたが、さほどというわけではないと思います。 3D の機能がいらないという方は、そのまま据え置きです。 ライセンスの方式は、有効 1年間。 経費でまかなうCADとしては、PC環境を選ばないというところもうれしい限りです。 ノートでも十分に動作しますので、願っても無いCAD だと思っています。
30日間フル機能を試して… ライセンス購入という手続きとなります。 最長で延長申請をすると60日有効です。 全くはじめてというゼロからユーザーには、難しいかもと思うところもありますが、アイコンを頼りに使って見れば、その早さが分ります。 設計者からすれば、補助線を引いてとなるのでいらいらすることもあるかもしれません。そういった場合は、複写機能を上手に使った方が早いかもしれません。 A-CADと比較しても機能上なんら遜色がないと思います。

問題点があるとすれば、やはりユーザーが少ない。 情報が少ない。 不安は、多々あると思います。
知名度は、鹿島建設さんが予算の関係で切替えたことで、今後大きく日本に浸透してゆくと思ってます…
posted by zaji at 20:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

CADPAC V14.5 更新完了しました。

CADPACでお仕事が理想です。http://www.bricscad.jp/

最新版 V14.5 届きました。パッケージが無くなりました。

20121214_01S.JPG新機能のチェックは、こちらから注目は、ラスターデータの取り込み・部品配置スタイル適用・表作成機能など…
環境設定保存にメモを追記出来るようになりました。 これで、客先設定管理が安心して出来ます。古くから使っている人は、丸ごとプログラムコピー保存したりと工夫していましたね。 CADPAC は、USBに全部コピーしてこちらから起動して使うという方法も出来ました。最新での確認はして降りませんが… 万が一のために…丸ごとコピーは、保険のようなモノです。是非一度お試し下さい。

posted by zaji at 16:19| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

CADPAC 14 届きました。

CADPACでお仕事が理想です。
http://www.bricscad.jp/
最新版 V14 届きました。 連休中は、うれしいです。もうチョット早ければもっと助かったかも…
Yさんに感謝です。 今回の連休は、休養モードでしたので早速イントスールしました。 今回の選択は、複写更新です。 先にシステム設定をバックアップしてから、インストール。 更新キー・入力は手間でしたが…
システムは、簡単に戻せました。 バグの状況も分らないので、V13.5 と 同時に動くように配慮して、複写更新しました。 メニュー画面は、かっこいいですね。
20120505_01.jpg 早速設定の確認から… マウスの設定とオリジナルメニューを確認して、再起動。 順調でした。 付属の更新キーでエラーが出ましたので、Webで試しました。 こちらも無事に終了です。

新機能のチェックは、こちらから
注目は、表作成機能(Excel)部分ドラックコピーして図面に貼付け出来るようになりました。
正式に出力形式 Autocad2012に対応です。 CADPACでお仕事が理想ですが… 変換して Autocadの仕事も出来るのが CADPAC の魅力です。DWG互換CADの老舗です。 変換率はどうでしょうか? 期待しています。

ヒント:ブリックスキャド 拡張子設定を dxfとDWG をBRICSCADに割り付けて使うと変換は、一方通行となり時間の節約となります。 起動は、凄い速いです。
posted by zaji at 14:52| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月19日

Bricscadで変換効率の確認

CADPACでお仕事が理想です。
http://www.bricscad.jp/
どうしてもそうは行かないのです。 いくつかの条件提示で、Autocadの仕事もすることになります。 N社の仕事では、いいかげんなCADデータでまいりました。 その原因は、勿論CADの性では無く、利用者に起因することは明らかです。 CADには、さまざまな特性があります。 CADPACでは、要素を自動でヒットする機能があります。端線要素においては、端点・中点を検出します。円要素においては、中心・4分割点など… それらは、ビープ音で確認して作業出来ます。 寸法も同様です。 微妙な線の重なりは、オーバーライトで表示されます。 色違い要素・長さ違い要素は、Yes・No で聞いてきます。 よって正確なヒットが可能なのです。 CADPACでは、あり得ない現象と言えます。 無駄な要素の排除の方法も他のCADでは、あまり見かけません。(重複線消去機能)

現在は、CADPAC Ver13.50.02.0 となりました。 CADPACも同様にAutocad互換CADとして長い間使っています。データ互換は、95% と言えます。 どうしても今でも、完全互換とは、行きません。 独自の環境に追従する互換性。進化する環境は、Autocad2012 に対応しています。Win-log.bmp 進化はしていますが、大きな変化はありません。製図に特有のドラフター感覚のCADなのです。続きを読む
posted by zaji at 18:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-CAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

Bricscad.jp好評です。

http://www.bricscad.jp/
更新しました。日本語の環境は、確かにサービスは、少ない。性能は、確かだと思うが、安心感が無いかも知れない。3Dの機能は、Assyには不向きだと思う。複数のパーツを同時に扱えるから、使い方に工夫が必要だ。安いから…だけでは無い。この機能を有効に使うヒントが有るかも知れない。勉強は、続きます。苦闘は、続きます。自分のために…
posted by zaji at 20:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年は、連休もありようやく、本稼働と言ったところでしょうか?

今年は、Bricscad の販売にも力を入れていこうと思います。
暮れにweb bricscad.jp を立ち上げてそうそうに問い合わせが舞い込みました。まだ、準備が満足に出来ていなかったので、色々とご迷惑をお掛けいたしました。 連絡・登録に戸惑ったり… 専門分野からの勉強不足です。 効率をあげてゆこうと思います。

今年は、いろんな意味で龍のように飛躍の年にしたいと思います。
今後とも、宜しく、お願いいたします。

Brics_top_01.jpg
ラベル:CADPAC CADPAC-CREATOR
posted by zaji at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする