2017年11月05日

CADPAC・・SP1

20171105_01.jpg V19 SP1 17/09/05

 忘れていました。(^^;) アップしてメンテナンスしました。普段影響がないので・・ほったらかしでした。環境ファイルを更新してからの作業です。 11月に入り仕事は、順調に進んでいます。 3D スケッチは相変わらず得意ではありません。CADPAC から Inventor の挿入は(DXF) 左下原点(A)が起点になります。 SWでは、画面中央原点です。寸法は、別で書き出して渡す。拘束は、自動で着くようにして利用。 組図検討からの図形挿入。どっちが早いか?
 慣れた操作が一番。拘束の手順を整理するとサクサクと作業出来ます。 2D組図優先モードからの3D化  2Dの受領データの嘘を暴く。どの手順で作られたデータなのか?  グループ化されていない。レイヤー1個のデータに苦戦は続きます。 (^^;)

ラベル:CADPAC-CREATOR
posted by zaji at 09:24| 神奈川 ☁| Comment(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月15日

ツールのメンテ!

V19_170725_02.jpg ツールのメンテナンス

多くの客先と環境をそろえると・・環境ファイルがどんどん増えます。画像は、新規のお客様の設定です。
サンプルを頂いて・・調整します。 文字の大きさ・レイヤー関係とコマンドの設定を合わせます。 環境ファイルをもらえば・・・と思いますが、メニューやマウスコマンドも再編集では、疲れます。 データから把握して調整で合わせています。そうするとどの設定か・・すぐ分かるようにしていないと困ります。末尾に日付を付けてどんどん修正をします。消すのは、一瞬ですので・・ たまには、整理もしないとね (^^;)
ラベル:CADPAC-CREATOR CAD屋
posted by zaji at 07:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

CADPAC設定が・・・

OLD Ver V13
V1900_Release.jpg困ったことに・・ 古い Ver のお仕事。
環境を再整備。 互換のチェックします。CADPAC は、Ver を問わず同じ環境で作業が出来ます。
設定をいじくって・・合わせるには多少の時間がかかります。図枠の設定に属性をモーラしています。
最初の手間を惜しまずに、根気よく・・データで確認していきます。・・・



続きを読む
posted by zaji at 13:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

久々のCADPAC

最新 V19.0 Release 2017/06/01
V1900_Release.jpg届いたのは、6/8 早いです。 今回の目玉は、3K・4K 対応アイコン SW2017 対応・表再表示の適応 など… スピードと進化はいかに・・
3D 設計が多くなっていますが、スケッチの流用では強い味方です。 特に A-CAD のいかさまデータに泣かされることが多いと要素を見ながらレイヤー配置して再グループ処理をしてパーツごとに変形をかけて正しい値に修正します。
 時間が勿体ない! しかし、データは何時又どこかで同じ苦労をする人がいるかと思うとそうはいきません。正しくて当たり前のCAD 『設計支援』にならなければ意味がありません。ここのところこのパターンに悩まされています。 簡単にバラシだから・・と言うときデータの確認をしてから受けないと『遅い!』と怒られてしまいます。 正しいデータで書いてますからとは言えないのが悔しいですが・・・


posted by zaji at 14:53| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

GW 近くなると…何故か忙しい

夏も近づく… 
INV_2017_01.jpgここのところ忙しくさせて頂いております。 慣れないCADですが…
なぜか? GW が近づくと忙しいのです。 スケジュールは、遅れ気味。焦る気持ちと進まない作業。 あっ! で、落ちる King-CAD 履歴の修復・自動保存も出来ないのか?  むむっ。 やってしまいました。 2時間は、大きいですね。
こまめに保存しない自分が悪いのですが…  ここのところ落ちることはほとんど無くなっていたので気が緩んでいたのですね。 
posted by zaji at 11:51| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

レイヤー操作は、簡単…


V18.5_L01.jpg

一画面 16レイヤーの配置
 1・  2・  3・ 4
 5・  6・  7・ 8
 9・10・11・12
13・14・15・16
---------------------------------------------
この要素移動は、グループ処理とは別に移動できるのがみそです… 

続きを読む
posted by zaji at 13:35| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

この季節❗️

745729E1-512C-4593-93FA-4ABF45343043.jpgそんな時節… 届きました (^_^) 。  ここのところ大活躍のCADPACです。 やっぱり効率は、いいですね。 3D設計が主流ですがなんせ強い味方になってくれてます。  レイヤー処理・要素属性変換・グループ再編集・なで・・・  他のCAD とは、比較出来ません。

今更ですが… 縮尺・異縮尺の混在など・・ドラフター世代の私には当たり前だと思っていることも舶来のCADでは、チト面倒ですね。

最初に確認したいチェック機能は → DXF・DWG変換。
こちらの精度の確認をします。 フォントの関係の位置ズレがテーマです。 そして、重複線消去のスピード! 楽しみですネエ〜 頼もしい Ver UP となっていますでしょうか?

posted by zaji at 21:48| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月02日

そろそろ Ver 18.5 UP の時節?

 BricsCAD (英語版)のニューリリース(β) のお知らせが入りました。Solidworks2017(国内販売を11月1日より) のニュースも…  すでに、King-CAD は、2017 と各社の動きがありますね。 CADPAC は、V18.5 10月 1日ニューリリース新機能ピックアップ!PDF別窓  進化は、ありがたいですよね。 何よりもスピードのアップは、時間との闘いとなる製図作業では、何よりも需要です。 落ちることも珍しくないしろもの… それは、昔からです。 こまめにセーブが基本です。 コマンド回数・時間を決めて自動保存出来るのはほかのCADにもありますよね。 しっかりと設定して下さいね。 Inventor2016 でもよく落ちましたよ (^^;)
届くのが楽しみですね。
posted by zaji at 16:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月15日

古いCADPACも、Win7で動く!

Win-log8_0.gif 非公式な方法ですが… 私の情報では Ver 8もご覧の通り Win7 32bit で動いています。 先日は、知り合いのセットアップ Win7 64Bit で V13 も起動成功しています。 V9 もたぶん行けるのではないでしようか? チョットした発想の転換ですね。 USB起動も大丈夫かも? 古い Ver.4 は軽いので、XP でしたが USB起動して出先でPCを借りて作業してた記憶があります。こちらもWin7 でまだ動くかも… と思いました。 諦めないで試して見る… いいかもしれません。

広告:DWG互換CAD→ Bricscad.jp
posted by zaji at 00:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

CADPAC 30周年

CADPAC V15で30周年 おめでとうございます。
cadpac_30th.png色々とありました。 こうしてみると、流れた時間はあっと言う間だったように思い。 しばらくは、3D-CAD ばかり利用していましたが、決して使い方を忘れることはありませんでした。 他のCADは利用しなくなると、チョット忘れていることも多いのですが… なぜかCADPAC には、それがありません。 時分で作ったアイコン集やコマンドの登録のおかげだと思います。 良くも悪くも進化して、2013対応まで… 感謝しております。 今ひとつ、不況の時代の中で、他のCADを利用してお仕事することも多くなり悲しい気持ちになったりしています。

今、他のCADの勉強もしていると不思議とCADPACの良さを発見出来ます。 文句を言いながら… 解析しています。ゼロから… 初心者でも製図の概念が分る人でしたら3時間で教える自信はあります。 ある程度 PC作業がこなせる人でしたら… と言う条件ですが… 簡単な上に高速で処理できるCAD故の難しさは、初期設定・出力設定が済んでいれば誰でも使えるCADはそう他にないように思う。

広告:DWG互換CAD→ Bricscad.jp
posted by zaji at 18:00| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

CADPAC V15 - 30周年記念

GWは、どこにも… でした。 仕事モードの前半でした。
さて 5/9 CADPAC V15 リリース開始で、すでに30年と言うことでした。 あれから… と思うとゾォとするほどの月日が流れています。CADPACの歴史資料はこちらから
CADPAC_V15_01.jpg 届きました。今回も、上書きはせずにインストールします。 優れたCAD なのですが、なぜだろう? そう思い続けている一人です。 私たちの世代では、あえて 3D よりもドラフターの延長で利用出来るツールからは離れられそうにありません。 月日が流れる間 CADPAC の利用は? たしか、『DA W』 からだったように思う。 泣かれてみるとあっと言う間と感じる。 今、設計はまさに3次元の時代。 そうなのですが… まだまだ、つきあいは長くなりそうです。

広告:DWG互換CAD その実力は、? → Bricscad.jpで見る
posted by zaji at 18:20| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

CADPAC と Bricscad の操作性

スタートの4月
あっと言う間に、15日 Mon です。 CADPAC は、日本生まれのCAD。 言葉では、フムフムと思っています。 CADPACユーザーには、当たり前のこと。 確かに‥ そう思います。 ドラフターで育った年代が少なくなり、製図の手法も随分と様変わりしました。 CADの操作を意識すると、CADPAC では、マウスコマンド・ユーザーアイコン・カスタマイズ・テンキーコマンドとその使い方は、さまざまです。 時間の短縮と操作性から見ても CADPAC は、優れていると改めて思います。

日本語と外国語
CADPAC では、『 X 』 水平線コマンド
→ 『どこを通り』
→ 『どこから』
→ 『どこまで』 で書かれます。
【Bricscad】 の場合
『 L =Line 』 どこから(座標) どこまで‥(座標) マウスクリック位置
直交モード『0N』 支点をクリック 水平 → 幾つの長さで
明らかに、言葉の文法が異なっていることに気づきます。 3D の世界も 面を触ってから、どうしますか? が基本となっています。 私は、これをこうしてからこのようにしたい。 トリムに関しても内と外の指定が逆になっています。
V13-104.jpg
この違いは、戸惑いますが切ってから消す という方法だったり‥ つまんで要素の端を自由に変形出来たり‥ トリムは、境界線(ここまで)を先にどの線だったりと手順が逆転しています。 その利用方法に拘らず自分のやりやすい操作を選んだ方が早いのかもしれません。

広告:DWG互換CAD→ Bricscad.jp
posted by zaji at 16:40| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月28日

■CADPAC正しい利用方法

先日、ある仕事でCADPACの仕事をしました。 もらった図枠データを見てびっくりです。
CADPACの場合、図枠は、1/1 で書くのが基本です。縮尺には依存しません。
cadpac_14.5-01.jpg A-CAD からの依存で利用していると思われる使い方なのかもしれません。 もしこれが数台で利用されているとすると膨大な時間のロスがあると推測することが出来ます。 ツールとしてのCAD とは異なり、設計ツールとしての利用の場合は、縮尺規定は、割り切れない数字は利用しないが原則です。(端数処理で誤差が生じます) A-CADでの利用者は、図枠に無理矢理入れる手法をとるので、ルート縮尺を利用したりします。これは、正しいのか?といつも思っています。どれが正しくて… とは思いませんが、ツールの利用としてどうなのでしょうか? 現在では、手書きででも書けてCADを利用している人は、かなり少ないと思います。 修正・変更ルールもあります。指示の仕方、etc…
図面が読めるのと書けるのは、全く意味合いが違うと思うのは、私だけではないと思うが…
広告:DWG互換CAD→ Bricscad.jp
posted by zaji at 08:55| 神奈川 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
今年は、連休もありようやく、本稼働と言ったところでしょうか?

今年は、Bricscad の販売にも力を入れていこうと思います。
暮れにweb bricscad.jp を立ち上げてそうそうに問い合わせが舞い込みました。まだ、準備が満足に出来ていなかったので、色々とご迷惑をお掛けいたしました。 連絡・登録に戸惑ったり… 専門分野からの勉強不足です。 効率をあげてゆこうと思います。

今年は、いろんな意味で龍のように飛躍の年にしたいと思います。
今後とも、宜しく、お願いいたします。

Brics_top_01.jpg
ラベル:CADPAC CADPAC-CREATOR
posted by zaji at 19:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CADPACの操作性

新年明けました。 今年は、年明けから缶詰状態で、CADPACでお仕事の真っ最中です。
CADPACの操作性にていて…検索でこんな質問を発見!
CADの操作性とは、? どのCADも同じでは無い! と思う。 CADとは、コンピューター支援設計システムの総称です。 原点から考えると、点と点を結んだものが線となる。 円は、中心位置と半径。こうして、マウスを操作するMove動作とコマンドを打つ(指令=コマンド)操作・Move の繰り返しで、データが出来てゆく。 その原点は、ドラフターに他ならない。 さらにドラフターの原点は、T定規と三角定規・そしてコンパス。CAD生活向上委員会こうした操作性は、実は同じではない。 Move に関しては、OSの設定で好みによってマウスの動作を指定するので、どのCADでも条件は、ほとんどかわりはないと思うが、ボタンロールクリックの左右に割り当てられた継続コマンドその辺から違いが出る。 まずは、画面の操作で違いがでます。目的の位置にどうやって拡大して、標準に戻すのか? マウスボタンをロールする動作は、実はロスが多いのです。 CADPACの基本は、利き手にマウス・その反対でキーを打つというスタイルを取る。 両手で操作するが基本です。 そして、コマンドの入力の後に必ず【 ENTER 】押す操作は、必要ありません。

【 X 】を押だけで、水平線が引ける。どこを通り、どこから、どこまで。 文法どおりに操作する。CADPAC は、DWG互換の国産CADです。全ての解説・資料・言語は日本語です。 他のCADは、そうでは無い。 【 Y 】垂直線。どこを通り、ここから、ここまで。 【 @ 】平行線。どの線に対して、幾つの間隔で、どこから、ここまで。 【 Z 】線分延長。 どの線を、どこまで。 【 T 】トリミング、この線とこの線。 図面が読める人と書ける人では、レベルが異なりますが、基本3時間の講義で、使えるようになります。 その、スピードと操作性は、他のCADとは、別格のものです。 CADデータは、時間の集積としてとらえることが出来ますが、余分な操作は、少ない方がベターです。 また、要素の選択手法では、一般的に枠内と枠に含むと言う選択が出来るのが普通です。 CADPACでは、どの線色・どんな線(直線・円弧)・要素(文字を含まない)・など… あらゆる選択方法が一度に出来ます。 移動も複合の移動が可能です。 絶対に他のCADでまねの出来ない操作性があります。 一枚の図面を最初から仕上げる時(製図)の機能での寸法機能などでは、日本のCADならではの操作性を発揮します。 どのCADも同じか? そう言うなかで、慣れだけでは済まされない、システム上の違いを無視出来ないと思いました。その分初期設定には、細やかな設定が必要です。 印刷しながら全ての設定するには、慣れている人でも2時間ほどかかりますが…

CAD生活向上委員会で、その他をまとめました。よろしければ覗いて下さい。

posted by zaji at 14:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

CADPAC V13.5 リリース届きました。

CADPAC_V13.5 最新リリース CADPAC 最新リリース届きました。 簡易包装は、保管に困りませんか?。 package も簡素です。 ともあれ、Ver13.0.4.0 SP3 からの進化です。 年末のアップはすっかりと恒例です。年の瀬を感じます。 もう幾つ寝ると… となりました。

今年は、CADPAC の標準化計画を進行しています。
最強の 2D-CAD は、3D と連携した使い方を促進しています。 Solidworks アドインの連携は、実に簡単で、スピーディに機能します。 寸法をレイヤーで管理して、ポイントを設置して再配置。残した寸法を変更修正します。 他のCAD にはない、特有性を生かした利用方法です。
3Dデータから製図出来ます
只今、標準化マニュアル作成中です。 もっと美しい図面を目指した。 CADPAC の標準化設定で全国のユーザーとつながります。 バラシ作業は、Skype 打ち合せで行っています。

来年に向けて、発信中です。 ご期待下さい。
posted by zaji at 11:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

CADPACではないが…

こぶ沙汰してました。

約2ヶ月。 タイでの出稼ぎは、AutoCAD 2006 でした。 AutoCADで読めないファイルは、CADPAC 13で問題無く開けました。(dwg) 見せつけましたね。 2010でも開けない。2006・2008でも無理でした。いくつかのファイルが、ありましたので、一括変換して、活躍しました。

吐き出しは、2004形式で保存。問題ありません。

AutoCADは、2003から使っていないので、最初は戸惑いました。 コマンド形式で使えば問題はありませんね。色々とショートカットを覚えるとそれなりに使えます。 (Cad_web資料は、こちら)画面の操作がAutoCADになれると、逆にCADPACの PageUP Down が面倒に感じます。画面操作は、かえってAutoCADライクがいいかも…

そこで、マウスジェスチャーコマンドに追加 方向『1』に手のひらスクロールを登録
作業は、一手間増えますが… いいですねー コマンドは、CADPACダイレクトにタイして、AutoCADは、enter を押さないと完結しません。その数は、膨大ですよね。

CADPACは、『F』Free Line『C』copy と行った具合に、ダイレクトです。 作業の差は、歴然です。 重なった・チョットずれた要素を消す(または、ヒット)は、AutoCADは面倒です。

CADPACの消去は、至って簡単『重複線消去』で解決。 レイヤー管理は、お手の物。そんなわけで、使い方を変えて、変換して DWG に戻してと大活躍です。

続きを読む
ラベル:AutoCAD CADPAC CAD
posted by zaji at 07:08| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

CADPAC V13 セット完了しました。

今回のインストールには、ちょっと注意が必要です。

今回のインストールは、新規(ローカル)を選択しました。Menu・その他の設定をやり直すのは面倒ですが、あえてこちらを選択しました。

・製品インストール --- DWはこちら
・CADPAC-CREATOR 2D Ver.13.0 サービスパック1 のパッチ
・DXF/DWG出力修正ファイル
・Ver.13.0 オンラインマニュアル1.01

・システム設定 プロット設定 オリジナルアイコン
そして、 Menu のカスタマイズと続きます。 セッティンク色々やっていると2時間があっという間に過ぎました。 ソフトの最新は、いつもは避けています。 出足にいつも何かある?

そう… いつものこと… とばかりに、数ヶ月経ってからパッチの状況をみて、インストールするといった具合でした。 最新の機能のチェックは、これからとなります。

楽しみです。オリジナルスタート画面です。良ければどうぞ…
Win-log.bmp
posted by zaji at 08:05| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

CADPACは、左手を使うべし

CADPACも12.5 win7 で順調です。
ちなみに、Ver.8.5も操作可能です。 3Dも初期の画像の乱れを我慢すれば何とかなります。
今のところ不具合は、ありません。

■CADPACは、左手を使う。
おなじみのダイレクトコマンドは、CADAM からの人は当然のように利用していると思います。
Caps Lock 『ON』が条件となります。
まずは、『A』『P』 以外を押して、自分で確認するのがコツです。
読んで、見てよりも何も見ないで、こうなっているんだを知ることです。
マウスの移動距離は、結構時間的に不利ですので、なれると脳が勝手に指示して動くのです。
線種の設定は、『数字』+『L』
指定の線は、『数字』+『N』 と言った具合に、左手薬指と人差し指で選びます。
『N』は、親指でもいけたりします。 どんどんと覚えてサクサクお仕事…

SEO 対策は、こちらで OK です
ラベル:CADPAC 速攻 ツール
posted by zaji at 18:47| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする