2012年02月19日

Bricscadで変換効率の確認

CADPACでお仕事が理想です。
http://www.bricscad.jp/
どうしてもそうは行かないのです。 いくつかの条件提示で、Autocadの仕事もすることになります。 N社の仕事では、いいかげんなCADデータでまいりました。 その原因は、勿論CADの性では無く、利用者に起因することは明らかです。 CADには、さまざまな特性があります。 CADPACでは、要素を自動でヒットする機能があります。端線要素においては、端点・中点を検出します。円要素においては、中心・4分割点など… それらは、ビープ音で確認して作業出来ます。 寸法も同様です。 微妙な線の重なりは、オーバーライトで表示されます。 色違い要素・長さ違い要素は、Yes・No で聞いてきます。 よって正確なヒットが可能なのです。 CADPACでは、あり得ない現象と言えます。 無駄な要素の排除の方法も他のCADでは、あまり見かけません。(重複線消去機能)

現在は、CADPAC Ver13.50.02.0 となりました。 CADPACも同様にAutocad互換CADとして長い間使っています。データ互換は、95% と言えます。 どうしても今でも、完全互換とは、行きません。 独自の環境に追従する互換性。進化する環境は、Autocad2012 に対応しています。Win-log.bmp 進化はしていますが、大きな変化はありません。製図に特有のドラフター感覚のCADなのです。続きを読む
posted by zaji at 18:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-CAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

CADPACの標準化でお仕事

3Dデータ作成出来ます
■3D-DATA・CADデータ 作成出来ます。
現在、好評につき 全国展開しています。
対応CAD
SolidWorks2011・KEYCRIATOR2011・CADPAC・Autocad

対応形式:DWG(全てのVer)DXF(Ver指定)IGES・STEP

3D形式:変換データ・STEP & IGES Parasolid(x_t)
    :生作成データ納品(LZH・各種圧縮形式)圧縮データMail納品
:打ち合せは、skype 対応します。

手書き → CAD-DATA は、Autocad(DWG)・CADPAC(すべての形式)
中間ファイル: DXF・IGES
PDFデータで手書き図面を準備しても OK です。
---------------------------------------------------------------
バラシは、3Dデータから、2D製作図面可能です。
posted by zaji at 08:05| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-CAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月15日

3D-Data 作成出来ます…参加者募集中…

500x200_01.jpg
■3D-DATA 作成出来ます。
現在、好評につき 全国展開しています。
対応CAD
SolidWorks2011・Inventor2012・KEYCRIATOR2011・

履歴なしの場合は、CADPAC 3Dも可能です。(IGES・STEP)

納品形式:変換データ・STEP & IGES Parasolid
    :生作成データ納品(LZH・各種圧縮形式)圧縮データMail納品
:打ち合せは、skype 対応します。

手書き → CAD-DATA は、Autocad(DWG)・CADPAC(すべての形式)
中間ファイル: DXF・IGES

迅速なスピーディーな対応を、目指します。
---------------------------------------------------------------
続きを読む
posted by zaji at 09:53| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-CAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

♪スケッチ手法

♪CADPAC で長いこと製図してきました。
それは、ドラフターからの延長です。 図面を書く時、スケールに合わせておおよその大きさを仮想線…(薄い線)でレイアウトします。 そこに中心線を引いて…
このように始めます。 基準となる線(図形の原点と中心) そこから幾つ…と線を引いて来ました。 最近色々な3D-CAD に挑戦してみると手法が変わったように思います。
円 → サイズ → 何処に配置? その前に… となります。
そんな? Solidworks でも、 おおむねの形をスケッチして、要素にデータを附加して、行きます。そして、拘束をする。 この時も参った!と思ったのですが、こちらは、慣れの問題かも…と思っていました。 実際の設計は、あと0.2mm とずらしていくやり方をとって来ました。
よって、CADPAC の変形コマンドは実にありがたかった。 CADPACでは、寸法と要素は関連が無いことに気づいて、コピーして寸法を使う手法をあみ出しました。 階段上に整理した寸法をコピーして、『 E 』コマンドを使ってヒットしていきます。追加も容易です。 寸法を整理する時間・チェックが一度に終わりますので、効率的な方法として使っていました。

ここに来て、あらかじめデータを決めていないと書けないスケッチにとまどいを感じています。 平行線の機能が貧弱だったり… 補助線機能だったり… 接線・円弧・角度のコーナーは面倒に感じます。 要素を書かずにコピー・移動と言う手法でも、CADPACの場合は、スペースモードがあり、相対的な移動が簡単に出来ます。特に『 @ 』の平行線は、データを見ながらこの位…と位置決めする時に良く使います。 傾いた線からも有効ですので、製図は、まさにドラフターの感覚としてのツールそのままなのです。 出力の設定の違いでも大きな差がでます。線種・線の太さ・線間の間隔・文字の設定・あらかじめ登録は必要ですが…
客先・縮小サイズ・承認図・完成図書用(縮小A4)など…使い分けも簡単です。

図面がのっぺりして美しくない! そんな感じもします。 最後の配置で図面は、見やすかったり…もします。 図面にこだわって仕事をして来ましたので、やっぱり日本のCADが一番と思ったりもしています…

奇麗な図面に仕上げていますか?

最近は、少ない予算ですので… 無理かも… と思いつつ…


posted by zaji at 07:10| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-CAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月01日

♪古くても…

■最新は、?
CADPAC-CREATOR 3D最新版 Ver.9.0
CADPAC-CREATOR 2D の最新 Ver.12.0 (2010年5月10日)

私は、 Ver.4 + 8.5 を利用しています。 IGESの変換などでは、Ver.4.1では、不満もあります。 Inventor に渡すと化けたりで… 問題は、残ります。

現在は、2D で設計(組図・構想図)して、3D化する手法を取っています。この方法だと、モデリングのスケッチの流用性が勝れているので、あっという間に、3Dを作成できます。 CADPAC では、組図として作成せずに パーツの中に複合パーツ(部品)として作成しています。 位置合わせが不用なようにスケッチして行くと手法が作りやすいのです。 どんどんとパーツを作成して… 色を変えていきます。 こうしてAssyを作成して、単体コピーして、各部品に登録して行きます。

そして、図面配置→ 図面化(ここを依頼) 設計の検証も兼ねています。 Assy(組図) 機能は、単品設計が全部完了して余裕があれば…
と言うとき以外は、使っていません。

Mailで、2D設計構想図とこの部品 (3D-Assy = 部品)を送って、製作図を書いていただくわけです。 二度手間? のような気がしますが、間違いがない。 勘違い防止・検証が澄んでしまうので、良しとしています。 次の仕事へ飛躍できます。 お互いと意図もTEL でモデルを見ながら進行できます。

やっぱり、3D は、すばらしい… と思います。

posted by zaji at 08:49| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 3D-CAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする