2017年07月29日

CADPAC設定が・・・

OLD Ver V13
V1900_Release.jpg困ったことに・・ 古い Ver のお仕事。
環境を再整備。 互換のチェックします。CADPAC は、Ver を問わず同じ環境で作業が出来ます。
設定をいじくって・・合わせるには多少の時間がかかります。図枠の設定に属性をモーラしています。
最初の手間を惜しまずに、根気よく・・データで確認していきます。・・・



CADPACD 文字が赤?・・

 CADPACの設定でのお話です。 『寸法文字が赤』と言う設定の会社の図面を頂いて・・。困った! なのです。選択色を

『赤』 に設定が普通と思っていましたた。つまり選択しても色が変わらないように見えます。参りました。

『何んで?・赤・』

目が持ちません。30年以上CADPACを利用しておりますが、とほほ状態です。しかも、全角半角が同じ幅の表示・レイヤーは、15BLOCKに寸法です。
ブロック表示選択で書いているようなので・・1B1・2B2 となり他は、空きレイヤーとなっていました。 これは、手間がかかります。寸法レイヤー以外の制約はないのです。しかし、長年慣れた操作が利用出来ないのである程度、今まで作業していた環境の維持を図ります・・

 CADPACの利用で端数はあまりないのですが・・組図の内容は、縦横位置のずれが多くだまされてしまいます。補助線を引きながらチェックしないと大変です。

Verは、13.5 と古いので、再インストールして調査開始。 環境ファイルをいじって客先仕様のCADPACを作ります。各設定を調べて、設定すると指定レイヤーに格納されます。ファイルの属性もうまく利用しております。そうなると手間が増えます。その利点として一括属性出力リストが出るのでありがたいですよね。目に優しくないのは、変わりませんが・・

 『地方ルール』ですか?  

以前長野のメーカーでも『右上基準』というのがありました。 加工者への配慮と言います。反転させなくて良い? だそうですが・・

これは、東海・近畿・関東・東北には、あまりありません。H7リーマ 3.2S 位置公差±0.1 は、技術的にどうでしょうか? ±0.02 で運用していました。 マシーン加工ですよ。

 H7穴の相手は、g6 など・・細かな地方ルールが戸惑います。かといってそこのルールですので慣れるしかありませんね。



お仕事ですから・・頑張っていますよ勿論ですとも…。(^^;)…07/25



posted by zaji at 13:11| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック