2012年01月11日

CADPACの操作性

新年明けました。 今年は、年明けから缶詰状態で、CADPACでお仕事の真っ最中です。
CADPACの操作性にていて…検索でこんな質問を発見!
CADの操作性とは、? どのCADも同じでは無い! と思う。 CADとは、コンピューター支援設計システムの総称です。 原点から考えると、点と点を結んだものが線となる。 円は、中心位置と半径。こうして、マウスを操作するMove動作とコマンドを打つ(指令=コマンド)操作・Move の繰り返しで、データが出来てゆく。 その原点は、ドラフターに他ならない。 さらにドラフターの原点は、T定規と三角定規・そしてコンパス。CAD生活向上委員会こうした操作性は、実は同じではない。 Move に関しては、OSの設定で好みによってマウスの動作を指定するので、どのCADでも条件は、ほとんどかわりはないと思うが、ボタンロールクリックの左右に割り当てられた継続コマンドその辺から違いが出る。 まずは、画面の操作で違いがでます。目的の位置にどうやって拡大して、標準に戻すのか? マウスボタンをロールする動作は、実はロスが多いのです。 CADPACの基本は、利き手にマウス・その反対でキーを打つというスタイルを取る。 両手で操作するが基本です。 そして、コマンドの入力の後に必ず【 ENTER 】押す操作は、必要ありません。

【 X 】を押だけで、水平線が引ける。どこを通り、どこから、どこまで。 文法どおりに操作する。CADPAC は、DWG互換の国産CADです。全ての解説・資料・言語は日本語です。 他のCADは、そうでは無い。 【 Y 】垂直線。どこを通り、ここから、ここまで。 【 @ 】平行線。どの線に対して、幾つの間隔で、どこから、ここまで。 【 Z 】線分延長。 どの線を、どこまで。 【 T 】トリミング、この線とこの線。 図面が読める人と書ける人では、レベルが異なりますが、基本3時間の講義で、使えるようになります。 その、スピードと操作性は、他のCADとは、別格のものです。 CADデータは、時間の集積としてとらえることが出来ますが、余分な操作は、少ない方がベターです。 また、要素の選択手法では、一般的に枠内と枠に含むと言う選択が出来るのが普通です。 CADPACでは、どの線色・どんな線(直線・円弧)・要素(文字を含まない)・など… あらゆる選択方法が一度に出来ます。 移動も複合の移動が可能です。 絶対に他のCADでまねの出来ない操作性があります。 一枚の図面を最初から仕上げる時(製図)の機能での寸法機能などでは、日本のCADならではの操作性を発揮します。 どのCADも同じか? そう言うなかで、慣れだけでは済まされない、システム上の違いを無視出来ないと思いました。その分初期設定には、細やかな設定が必要です。 印刷しながら全ての設定するには、慣れている人でも2時間ほどかかりますが…

CAD生活向上委員会で、その他をまとめました。よろしければ覗いて下さい。

posted by zaji at 14:56| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック