2010年05月23日

CADPAC ThinkPadで3D

■CADPAC Ver.4.1
前回のVer 4.0 復活!から、Note PC ThinkPad T43 を中古で購入して、3D-CAD に挑戦しました。 快適! に動作しています。
CADPAC FUSION2002 Ver.4.10.2.0(2007年12月サポート終了

ライセンスドングルの関係で、パラレルポートでねばならない!
と言う条件で ThinkPadを選択しました。
ThinkPad T43" ATI Mobility RADEON X300(1400×1050)
Memory;2GB CPU:centrino 0S:WinXP Pro

中古PC ですがメーカーリニュウアル品と言うことで新品に近いと言う内容で、箱こそありませんがとても気に入っています。
難あり! は、液晶の一部が色の濃い部分でシミのような変色があることです。 背景が白や黒の場合は、全く気にならない程度です。

なんと【 ¥29,800 】文句無しです。
Verが古く、USB ライセンスには、対応していません。 しかもUSB交換メーカー費用は、5万円也 とくれば、この選択は、実に正しい!
(自己満足) メモリー Full 2GB 追加費用 約1万円を追加して…
バック・小物など一緒に購入しました。 総額¥36,800-

Ver4.1 には、JISオプション・機械オプションも含んでいます。
まだまだ使えます。 一応 FUSION 2002 3D も動きました。
快適に働いてくれています。
■少々重いが…
文句は、言えません。 Mail の設定 やら Office は、2002 とこの時代のVer で固めました。 すると動でしょうか?
サクサクと動いてくれています。 Inventor 10 KEYCREATOR8.5 も入手出来ました。 久々に3D-CAD の勉強も始めました。

3D-Data をCADPACの同士に渡して、製作図を作成してもらいました。
相棒も、少し3D を経験していたので、パーツを分解して、2D に配置して、図面を仕上げてもらうのです。 いやいや… CADPAC の2D は、最強のCAD です。 あっという間に 30枚近い製作図・組図が届きました。

いいジョイント方法だと思います。 製図のみの単価で安くしてもらいましたので、非常に助かり無事に出図・製作と順調に進みました。
この方法ですと、地域差がありません。 CADPAC の2D データは、比較的に容量も小さいので、Mail でのやりとりも簡単です。
さすがに、組図はチョット容量がありますが、2MB以下です。

今後も、この方法で作業していこうかと思いました。
有限会社 マリーン技研様 ありがとうございました。

3D-CAD 勉強資料まとめ CAD_Webで掲載しています。
宜しくお願いします。


ラベル:3D-CAD CAD設計 CADPAC
posted by zaji at 18:15| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | CADPAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック