2008年11月16日

トレーサーは時代遅れ…

トレーサーは過去のもの… 3D-CAD の全盛でトレーサーと言う意味を疑っている。 トレースとは、(以下 Wikipediaより抜粋)トレース、トレス(trace)とは絵における模写あるいは複写の一種。元になる絵をその内容を変えずに別の紙に写す清書をすること、またはそれによって作られた絵そのものを指す。特に元絵の上に別の紙を置いて透かし、それをなぞって写し取ることを指す(ここ迄) となっている。 今時、機械設計に於てトレースは、あり得ない作業となったと思う。 3Dデータから図面化する作業はねトレースと言わないのではないかと最近思っている。3Dモデルから図面にトレースする? のか…

 しかも、専属で存在出来るはずもない。 設計アシスタントとでも言いましょうか? これもちょっと違う気がしている。では、なんと言うジャンルなのか? 

3D設計して、モデリングして、図面化する。 この部分のジャンルだ。巷では、CADオペレーターと言うらしいが… この呼び方もしっくりと感じていません。

 その昔手書きの図面若しくは、青焼きで入手した図面をトレースして、自社の図面にする必要があった。 また、手書き図面を清書する=トレースと呼んでいたように思っているし、設計の登竜門であった。

 トレースしながら図面に必要な知識や線引きの技術・文字入力をテンプレート無しで掛ける様になる。そして、自分で設計出来る様になる。と言う手順だ。覚えて行くことも多い設計と言う技術で、図面は、『言葉』である。 よって方言ではなく標準語である必要性があり、『JIS 製図』 で決められている。 これがまた、大手各社では、自社の規格を作成して独自の方言を作ってしまっているという変な現象が存在するのである。 図面化の為の時間は、CADが進化しても減ることも無い作業でもある。 結局は、外注若しくは、派遣に頼り切って社員の能力は低下の一途をたどっているのである。

そこに来て、社員のトレーサーは、派遣のトレーサーの管理をして…となり 仕事の系統が複雑化して 誰が何をどこまで進んでいるのか分からない状況が起っているのである。当然のように、派遣社員は楽をしたいので正直に深刻することは無い?(ハズ?)

誰もが、管理はされたくはない。 そんな中でトレーサーと言うジャンルは、益々あいまいになっ来ているように思う。 また、頼む人によってもスキルはまちまちで、かえって資料を請求したりと、3Dの意味さえ疑う場面もシバシバなのです。Assy モデルを分解する。当然、資料はいるはずがないと思っていた自分には、唖然とする事実だったりと…

トレーサーに渡す迄の作業手順も色々と増えてしまう… これは、キチンとジャンル分けと作業区分・スキルレベルなどの調整を行って…と考えているこの頃です。

Pro/E では、図面を下記ながら設計していたので楽でしたねー 引継も簡単だったのです。 後お願い… で済んでいた。 その点 Solidworksは、色々と不便に感じてしまいます。 システムが生んだひずみみたいに感じている分けです。
ラベル:CAD 3D-CAD 機械設計
posted by zaji at 16:44| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

CADPAC/CADPAC関連
Excerpt: お名前: CADPAC Web検索 CADPAC 画像検索 CADPAC関連最新Blog CADPAC 動画検索 CADPAC Amazon..
Weblog:
Tracked: 2008-12-03 15:54